モニタリング・監査部門

モニタリング・監査部門長
栗林 義和

金沢大学附属病院先端医療開発センター
特任教授

モニタリング・監査部門紹介

 当部門では、院内で実施される医師主導治験や臨床研究における品質管理・品質保証を確保するため、各研究における被験者への同意取得の記録や登録された被験者の適格性、カルテ記載状況の確認等を始めとしたモニタリング業務を行っています。
 また、これらの研究がGCPや指針、実施計画書・手順書を遵守していること、関連する法規制に従っていること、システムが適切に構築されていることなどを第三者的に確認する監査や、その支援も実施しています。
 あわせて、質の高い臨床研究を実施するために必須となる標準業務手順書(SOP)の作成や管理業務も行っています。

スタッフ紹介

部門長/特任教授

栗林 義和 (KURIBAYASHI Yoshikazu)

特任助教

杉本 修治 (SUGIMOTO Shuji)

堀川 尚嗣 (HORIKAWA Naotsugu)