センター長あいさつ

センター長
村山 敏典

金沢大学附属病院臨床開発部
教授

 先端医療開発センター(iCREK)は、当院の基本方針に掲げる「臨床医学発展のための研究開発」を目指し、2013年2月に臨床試験管理センターを改組して設置されました。金子周一教授、中尾眞二教授、矢野聖二教授に次いで、2017年4月に村山敏典が第4代センター長を拝命いたしました。
 iCREKは金沢大学と附属病院のご支援のもと、2016年に新棟も竣工し、また2017年5月にがん研究推進部門を新設し、10部門1事務局を擁する組織に拡大して、シーズのプロジェクトマネジメント、臨床試験のスタディマネジメント、試験デザイン立案支援、プロトコル作成支援、試験薬管理と臨床研究コーディネート、登録・データ管理、統計解析、モニタリングと監査、知的財産管理、細胞調整、がん進展制御研究所と連携した基礎シーズの臨床応用、研究者の教育等を実施する総勢40余名の組織となりました。金沢/北陸 発 の医療技術開発のためにiCREKスタッフ一同が尽力いたしますので、ぜひ倍旧のご指導ご鞭撻のほど、どうかよろしくお願いいたします。